ぼんやりした中学生が勉強のやり方を教えてもらう話

ちょっとどうかと思うくらい、中学生の頃の私はぼんやり生きてました。

授業中も一応板書をノートに書き取るくらいはするものの、それが終わると先生の話も聞かずに練り消し制作に打ち込んだり、机の木目がどんな絵に見えるか想像したりしてました。運良く窓際の席が当たった時は、ずっと外を見てました。

飛んでいた変な虫をノートに描き写したり、はたして手のひらは日焼けをするのか?という疑問を解決するために延々手のひらを陽にかざしてたりしてました。

そんな脳が退化していくような生活を3年生まで続け、当然ながら成績は絶望的でした。放任主義だった親もさすがにいけないと思ったのか、ある日家庭教師の先生を連れて来ました。

銀行の掲示板で見つけたらしいその先生は、真面目そうな顔の大学生のお姉さんでした。お姉さんが真面目だったのは顔だけではなく、性格もそうでした。そしてとても辛抱強い人でした。

生まれてからずっと宿題以外の自主的な勉強をしてこなかった私に、お姉さんは勉強のやり方を教えてくれました。ノートのわかりやすい書き方や、語呂合わせで年代を覚える方法、問題集をやった後の復習のやり方等、他の子供はとっくに知っているような基本的なことを根気強く教えてくれました。

また、私が飽きはじめると歴史上の人物の面白い話を聞かせて楽しませてくれました。

お姉さんに教わるようになってから、授業にも少しづつ興味を持てるようになりました。今まで何を言ってるのかさっぱり分からなかった先生の話が、ちょっとはわかるようになったからです。

おそらく私は勉強が嫌いなのではなく、勉強のやり方がわかっていなかっただけなのでしょう。特に興味を持ったことは、授業より先に教科書を読み進めて自分で勉強したりしていました。

何とか高校に合格することが出来、お姉さんとは合わなくなりましたが、お姉さんに教わった勉強のやり方は今でも役だって居ます。本当に感謝しきれません。

結局はミスターチルドレンの「名もなき詩」になるなぁ~

結局はミスターチルドレンの「名もなき詩」になるなぁ~

私が大好きな歌は、ミスターチルドレンの「名もなき詩」です。

私が、なぜこの名もなき詩を一番好きなのかというと、それは私がこの歌をきっかけにしてミスターチルドレンを大好きになったからです。

私は、青春時代をミスターチルドレンと過ごしたと言っても良いほどのミスターチルドレン好きです。ボーカルである桜井和寿さんの特徴的な声、心に響くその歌詞、聴きやすくもオリジナリティーあふれるメロディー、バンド全体の一体感など、思春期の私にとってはまさに憧れのバンドでした。

そして、そのミスターチルドレンに心酔するきっかけになったのが、この名もなき詩というわけです。この曲は、テレビドラマである「ピュア」の主題歌としても起用され、200万枚を超える大ヒットを記録しました。

私もそのブームに乗り、高校生の頃このシングルを発売日に購入しました。

高校生の私からすればその歌詞はとても大人っぽく、それがとてもカッコイイと思いました。そして、そのとても聴きやすいメロディーやサビの高揚感、途中で桜井さんが早口で歌うところも独特の雰囲気があって私は好きです。

ですので私が今まで最もカラオケで歌った曲はこの名もなき詩です。とても難しい曲ですが、頑張ってカラオケを練習した思い出もあり、それがまたこの曲が大好きな理由です。

それは、33歳になった今でも変わらず、まさに生涯の名曲だと思っているくらいに、私はミスターチルドレンの名もなき詩が大好きなのです。

ITパスポートの取得を目指して

私が取得しようと思っているのは、ITパスポートです。今日、世の中は情報社会といってもおかしくはなく、この情報を取り扱うに当たって、一番適している資格がITパスポートだと思ったのです。

このITパスポートは情報処理技術者試験の一番簡単なレベルの国家試験です。ITパスポートという名前ではありますが、内容はITのことだけでなく、経営全般のことを出題されます。

経営全般というのは、詳しく書きますと経営理念とはどのようなことか、という出題から経営システムについてなど経営学についても勉強しなければならないので、ITのことだけに詳しいだけでは合格するのは難しいでしょう。

また、ITと言ってもIT管理やIT技術に関して聞かれるので、ちょっと人よりパソコンだけではダメなようです。

合格するにあたって、全体的に6割の点数が取れないと合格ではないので、ただIT技術に関しては満点を取れるが経営全般は理解していなければ、不合格になってしまいます。バランスよく勉強することが大切になります。

また、この資格は社会人の方が学生に比べて合格率が高いようです。なぜなら、この資格に出題されていることは働いている人にとっては身近なことなので、仕事内容を聞かれているようなもののようです。社会人の方には取りやすい資格でしょう。

おすすめサイト⇒ITパスポート試験ドットコム

Search
Categories
Archives
Bookmarks