美しく女性からの支持も高い吉瀬美智子さん

肌が白くてきれいで、スタイルも抜群。顔も美人。こんなに完璧な美しさの人がいるなんて。しかもお料理が上手で、自宅のインテリアセンスも抜群に良い。(以前、ブログで見ました)

何もかもが洗練されていて、非の打ちどころがない。こんなに完全無欠の人が存在するとはやっぱり神様は不公平?

ファッション誌のモデル出身なので、美しいのは当たり前かもしれません。ニベアのCMで吉瀬さんがシャワーを浴びているシーンは、女でもドキッとしましたが、彼女だからいやらしくないし、美しすぎて見とれてしまいます。

海外のモデルさんならミランダ・カーも上品で、女の子が真似をしたくなる。彼女もCMや雑誌でヌードになった事もありますが、やっぱりいやらしさを感じさせません。

現代の美人さんってスタイルも良く、ファッションセンスもいい。神々しいほどきれいなのに、フレンドリーで女子が友達になりたいと思うような存在です。

吉瀬美智子さんは昨年くらいに出演した嵐の番組で、自分で焼いたシフォンケーキをお土産に持ってきました。

生クリームやミントの葉といったトッピングをきちんと別容器に入れ、フォークやナプキンといった小物まで用意する、きめ細やかな気配りの出来る人。それでいて、姉御肌で気取っていない。

一番最近出演した木10ドラマの中でも、短い時間でパンやパイを焼いたりするシーンがありましたが、本当に普段からオーブンを駆使してお料理を作っていそうで、違和感がありませんでした。

そういえばこのドラマの中で、かなり体を張った演技をされてましたけど。ああいった大人のドラマでも決して下品にならないのは、彼女の上品さと美しさのお蔭かも。

子供を産んでから、ますます美しい吉瀬さんを女として見習いたいです。

→遅咲き女優?「昼顔」吉瀬美智子がキレイすぎる…

ウチの主人は友達がいないオタクさん

私の主人は、「オタク」です。オタクなのは良いのですが、やはりちょっぴり色々不満があります。

彼は40歳を過ぎていますが、趣味は漫画・アニメ・ゲーム。とっても大大大好きです。会社のパソコンのデスクトップやスマートフォンのホーム画面は、当然某アニメの女子キャラクターにしているのは基本。

外では一目をはばからず、普通にスマートフォンでアニメを見ていますし、毎日仕事から帰ると、また休日も、何かしらのアニメをずっと見ています。

アニメは最新アニメ(夜中に放送しているものなど)から、昔のアニメまで多岐に渡ります。そして彼の部屋には萌えキャラクターのフィギュアやポスターなどが、所狭しといっぱい。

しかも彼の車に乗ると、いつもスピーカーからは萌えキャラクターなどのアニメソングが流れてくるので、たまに私の親や友人が家に遊びに来たり車に乗ることがあると、正直かなり恥ずかしいです。

…が、私は彼の趣味を普段、極力尊重しています(笑)

また「オタク」な彼は、ファッショにも全くこだわりが無いため、私服通勤する際(職場は私服)、毎日同じ服を着て行きます。恐らく他人からは、まるで一着しか持っていないように見えるのでは…?と、妻としてだいぶ恥ずかしいのです…。

彼にうるさく言って嫌がられるのも悲しいので、しばしばそれとなく「これ似合うよ」とか言って違う服をチョイスするのですが、気に入ってくれると着てくれるのですがすぐ元の服に戻ってしまいます。

恐らく彼にとっては戦闘服なのかと思うと、私はあまり強く言えません(笑)

さらに何度も言いますが彼は「オタク」です。なんと友達という存在が一人もいません初めて彼に出会った時、その話を聞いてかなりビックリしました。

一人もいないって嘘でしょ?と思ったのですが、本当に誰もいないようで、携帯電話の連絡リストにも家族や仕事先の人の名前しか入っていないんです!実際、見せてもらいました。

ですので結婚式は友達が一人もいないので、家族だけで挙式をしました。

結婚して数年経ちますが、本当に未だかつて彼の友達の存在は全く感じられず、年賀状は1枚も届かない、また1枚も出さないという…。ちなみに、職場の人にも出さないという…!

かなりビックリな我が家の主人です(笑)

髪にこだわる私が使っているノンシリコンシャンプー

私は今、「Reveur(レヴール) 」というノンシリコンシャンプーを使用しています。

実は、髪には並々ならぬこだわりがあり、サロンで使われているシャンプーやトリートメント、口コミで評判のシャンプーなどいろんな商品を使ってきました。

私の髪質は、太くて硬くて癖っ毛という三重苦。自分に合わないシャンプーを使うとバサバサになってまとまらず朝のスタイリングがとっても大変だったり、カラーの退色が早いなどかなり手間のかかる髪質なんです。

ヘアサロンでトリートメントを行っても、持ちはそんなによくなくてやっぱり毎日のケアが大切ということを実感していたのでシャンプー選びにはこだわりがあります。

今使っている「Reveur(レヴール) 」はノンシリコンシャンプーです。

ノンシリコンシャンプーは、頭皮にシリコンが詰まる危険性がないので安全ですし、毛穴をふさがないのでいい髪の毛が生えてくるみたいで、またここの人気のあるシャンプーのページでもやはり売れ筋であることがかかれていますね。

その他にもこちらの商品には、天然油脂が含まれているので髪がしっとりとしますが、洗い上がりはとってもさっぱりで気持ちがいいです。

私が使っているのはモイスト&グロスなのですが、確かに使い始めてから、くせ毛が落ち着いてきましたし、髪にツヤとコシが出てきました。

ノンシリコンシャンプーは髪がパサパサになるというイメージがありましたが、「Reveur(レヴール) 」は私の髪質にぴったりでもう手放せません。ノンシリコンシャンプーをお探しの方にはぜひオススメしたい一品となっています。

夫婦でスイスの滞在型旅行をするのが私の憧れです

私はサラリーマン時代、海外出張で10カ国以上に出かけた事があります。アメリカ、韓国、中国、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ドイツ、イギリス、スエーデン等、様々な雰囲気の国を垣間見ました。

出張なので、観光は殆どできませんが、それでもアポイントが取れなかった半日、夕食に出かける時のちょっとした立ち寄ったり、2週間以上に渡る出張時には、週末の土日は、出張先の近くの観光もしました。

そんな出張で、何度か訪問したドイツのミュンヘンに1週間滞在した時、車窓から南の方角に遠く、アププスの山並みが見えたのですが、この時以来アルプスの有名な峰を持ち、その美しさは世界中の憧れであるスイスに出かけ、少し長めの滞在型の旅をして見たいと思うようになりました。

海外出張に気ぜわしい中で見た、アルプスの遠景が、そんな気持ちを強く抱かせたのでしょう。もちろん、サラリーマンでは長期の休暇も取れず、スイスへの滞在型の旅など無理な状況です。

しかし、出張のついででも良いので、スイスの雰囲気を味わいたいと思って来ましたが、とうとうそれも適わず、定年退職を迎えました。

これで、時間は十分取れるようになりましたが、夫婦でスイスの滞在型旅行となると、費用は馬鹿になりません。スイスはヨーロッパでも物価が非常に高い事でも有名なのです。若い頃なら、バックパッカーで安宿でも良いでしょうが、60歳を超えた夫婦にそんな旅も不可能です。

ご夫婦で毎年アルプスのいろいろな山を訪れて豊富な写真とともにつづっている「夫婦で歩くスイスアルプス」というHPがあるのですが、あのHPのご夫婦のようにいつかはスイスを訪れゆっくり山岳風景を楽しみ、トレッキングを楽しむ滞在型の旅をしたいと、夢を描きながらせっせと貯金に励んでいます。

Search
Categories
Bookmarks